食費を削ってそのことを乗り切りました!

結婚式やお葬式など、不意にあることに対して、お金がピンチになることがあります。
そんな時、なんとか乗り切ることが必要となってきます。
その一番の乗り切る方法としては、なんといっても食費を削ることが一番ですね。
その工夫の仕方をご紹介します。
キャッシング4

・ご飯を雑炊に変える

ご飯は、たくさんのお米を使うことになります。
新しいお米を購入することができないので、それを大切に使うことが大切です。
そんな時には、雑炊にすると何日も持たすことができます。
そしてその中には、たっぷりの水を入れて炊き上げるのです。
しゃぶしゃぶになってしまいますが、そこがお腹が膨れるポイントなので、頑張ります。

 

・冷蔵庫の中にあるものを使い切る

新しく食品を購入することはありません。
出来るだけ、冷蔵庫の中にあるもので対処することにするのです。
そのため、野菜だったら野菜炒め等をして、いろいろな料理方法で乗り切ります。
また、小麦粉があればその中に野菜を細かく刻んで、お好み焼きにすることもできますね。
その、冷蔵庫の中にあるものだけで乗り切ることが大事です。

 

・お腹がすいたら水を飲む

どうしてもお腹がすいたと思った時には、水を飲むことにします。
それは、ダイエットをすることもできますね。
水を飲むと、胃液が薄まり、少し食べたいという気持ちがおさまります。

 

・職場では食事を我慢する

食費を調達することができない時には、食費を我慢するしかありません。
その時、周りの人のことが気になりますね。
そんな時には、少しお腹がすいていないとか、そんな理由を付けて食べないことにします。
そしてその時には、空腹を紛らわすために寝ることが一番です。
寝ると、体力を回復させることができるので、そのようにして体力を使わないようにしましょう。

 

・精神力で乗り切る

食事をしない等、とても辛いこともあります。
しかし、そこは気持ちをしっかりと持つことが大切です。
絶対乗り切るという気合で行いましょう。

 

⇒トップページへ

引っ越し支度金が赴任後に支払われるって!?

無計画な生活を送っているわけではないのですが、もともと収入が少ないので、貯金に回せるお金も限られています。それでも、毎日節約に励み、微々たる金額ではあるものの私なりにせっせと「もしも」のためにお金を貯めておりました。

 

そんな状況下で、私は突然の転勤を言い渡されました。
支度金が支給されるのですが、この支度金は転勤前にもらえるのではなく、転勤後の赴任地での最初の給料と一緒に振り込まれるので、まずは私が立て替えておく必要がありました。これって凄く大事なこと!車の購入に向けてしっかりした返済プランをたてました

 

転勤に関しては、全く不安はなかったのですが、とにかく引っ越し代というものが出せないんです。だって、貯金がほとんどないのですから仕方がありません。会社に説明をして、前借をしようかと考えたのですが、会社の人に「そんなにお金がないの?」と思われるのも嫌なので、違う方法がないものかと思案に暮れました。
そんな時に頭によぎったのがキャッシングです。たしか、初めて利用する場合に限り、利息を払わなくて済むなんていう特典があるようなことをコマーシャルで聞いたことがあるような気がしました。ちょっと調べてみる価値があるのではと思い、調べたところ、確かにそういったサービスを行っている所もありました。私の場合はお金が入ってくることもしっかりわかっているので、利息を払わなければいけない期間の前までには絶対返すことができます。

 

これはキャッシングしかない。頭の中はキャッシングに頼ることでいっぱいでしたが、初めてのことなのでなんとなく敷居が高いんです。その上、もしかしたら一度借りてしまったら、なんだかくせになってしまうのではないか、そんな気持ちさえも沸き起こってきました。

 

そんな葛藤を抱いていた時に、彼と食事をしたのですが、引っ越し費用がないのでキャッシングをするつもりであるという話をすると、お金を貸してくれるというではありませんか。
キャッシング5
危機一髪な状態でしたが、キャッシングをせずに済みました。