車の購入に向けてしっかりした返済プランをたてました

私の場合18歳で就職したさいに車を購入にあたり色々考えました。ローンを利用する事や周りの知人に借りる事など。
当時の年収はボーナスをいれて、300万円程。
買いたかった車は、150万円のセダンの高級車でした。
貯金も無かったため購入に向けて色んな知り合いに相談しました。
結果的に兄に150万円借りて購入しました。
キャッシング12
理由としては、金融機関にかりると150万円分の購入でも当然、金利分上乗せされ返さないといけない事でした。
月々の返済は少なくできる分、そう返済額は大きくなってしまいます。
車の場合、維持費として駐車場代やガソリン代や保険代。
持っているだけでも支払いが大きくなるため、利息分も長く見ると大きくのしかかります。
そこで考えたのは兄に借りる事でした。

 

7歳年上の兄に車の購入の相談をして、貸してもらえるようにお願いしました。
当然最初は金額も大きいため断られたのです。
その後、自分なりに返済の計画表を作り話を持ちかけました。
毎月の返済計画プランとボーナスでの返済計画を表にまとめて提案してみました。
当然、長い返済計画のプランにもなるため、毎月の最低限の金額を決め、同時に本職とは別にアルバイトをしてそのお給料も返済にあてていくと約束しました。
当然兄としても心配する事もあると思ったので、車のキーを複数作り合鍵を兄に渡す約束をしました。

 

銀行の担保とは違いますが、最悪の最悪、車を没収出来るように渡しました。
兄もそこまで私がした事に驚いてはいたものの、信用し貸してくれました。
実は後々知った事ですが、その兄も、18歳の頃高級車に憧れていて、購入していたとの事でした。
ただローンを組んでの購入だったらしく、支払いが大変で思うように遊べなかったようでした。
自分が大変だった事もあり、弟の私に同じ思いをさせないように、金融機関のローンではなく、兄が貸してくれて無理をしなくていいと言ってくれました。
兄から聞いた事ですが、お金を借りる前にしっかり自分なりの返済計画プランをたてて、話を持って来た事に信用が出来たと言ってくれました。